カセットコンロのガスボンベやスプレー缶の安全な捨て方を説明します!

拠点回収・分別収集
この記事は約4分で読めます。

ヘアスプレーや殺虫剤などのスプレー缶や
家で鍋物や焼肉するときに使う
カセットコンロのガスボンベなど
中にガスが入っている缶は
どうやって捨てたら良いか悩みませんか?

中身が中途半端に残っている場合、
ガス爆発したらどうしよう・・・!?
と、特に心配です。

このページでは、大阪市のゴミ回収における
カセットコンロのガスボンベや
スプレー缶の安全な処分の仕方や注意点について
詳しく説明します。

ガスボンベやスプレー缶の捨て方

ポイント1:中身は空にする

ガスボンベやスプレー缶を捨てるときは、
中身を全部使い切り、空にしましょう。

もし、中身が残ったままゴミとして出してしまうと、
ゴミ収集車でガスが漏れて火事になったり、
ゴミ焼却施設で爆発事故が起こる恐れがあります。

ガスボンベやスプレー缶は適正に処理しないと
大きな火災の原因になり、大変危険ですので
使い切ってから出してくださいね。

ポイント2:穴を開けない

中身が空のガスボンベやスプレー缶は
穴を開けず出しましょう。

大阪市のゴミ収集のルールとして
空のガスボンベやスプレー缶は
穴を開けないでゴミ出しすることになっています。

ポイント3:資源ゴミの日に出す

町内やマンションで決められた
週1回の「資源ゴミ」の日に
ガスボンベやスプレー缶だけをまとめて
透明または半透明のゴミ袋に入れて
ゴミ置き場におきましょう。

 

 

ガスボンベやスプレー缶の基本的な捨て方

中身が残っていないことを確認する

ガスボンベやスプレー缶の缶を手で振って
「シャカシャカ」「チャプチャプ」音がしなければOKです。
必ず全て使い切りましょう!

音がしなくても中身のガスが
残っていることがあります。

ガス抜きキャップ」を使って
出し切ってしまいましょう。

 

空のガスボンベやスプレー缶だけをまとめて透明の袋に入れる

缶に穴を開けないこと!

他の資源ゴミとは袋を分けて、
ガスボンベやスプレー缶と分かるように置きます

 

町内やマンションの資源ゴミの日に捨てる

指定日に、指定されたゴミ置き場所においてください。

 

 

中身が残っているガスボンベやスプレー缶の処分の仕方

 

大阪市のゴミ回収では、
中身が残っているガスボンベやスプレー缶は
中のガスを全て抜くことが鉄則ルールです。

もし、中身が入っている
ガスボンベやスプレー缶があれば
次の方法で中身を全部抜いてから
資源ゴミに出してくださいね。

スプレー缶の中身の抜き方

屋外で火の気がなく風通しの良い
安全な場所に移動しましょう。

 

1:スプレー缶の中身を全て空中に放出して抜く

ヘアスプレー・デオドラントスプレー・消臭スプレー・などは、
空中に放出して中身を抜くことができます。
スプレー缶のノズル先端を地面に押し当てると中身が抜けます。

中身を抜くときは、
必ず屋外の火の気のない場所で行いましょう。

キッチンなど家の中でガス抜きをするのは厳禁です。
必ず、火の気のない屋外で作業してくださいね。

また、スプレー缶には
ガス抜きキャップが装着されています。

ガス抜きキャップを使って
出し切ってしまいましょう。

ガス抜きキャップは、商品によって
形状や使用方法が違いますので
商品の使用説明欄をよく読んでくださいね。

<ガス抜きキャップの使い方(大阪市HPより)>
https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000369/369352/nohin.pdf

 

2:新聞紙やトイレットペーパーなどの紙に吹き付けて吸い込ませる

空中にスプレーの残りを放出することが気になるときは
紙に中身を吸い込ませることができます。

 

3:例外

塗料スプレー(ラッカー等)は、
中身を使いきってから穴をあけずに
「普通ごみ」の日に出してください。

 

カセットボンベの中身の抜き方

カセットボンベは、料理に使ったときに
使い切ることが一番です。

どうしても中身が残ってしまった時は
カセットボンベの処理についての相談窓口まで
抜き方を問い合わせてください。

(一般社団法人)日本ガス石油機器工業会
カセットボンベお客様センター(電話番号0120-14-9996)

 

※カセットボンベの中身は液状のブタンガスです。
中身が入ったまま穴を開けると液体が噴出し、
顔や目にかかり大事故の原因になりますので
絶対にしないでくださいね。

 

 

スプレー缶・カセットボンベ類で困った時の相談窓口

<中身の残ったカセットボンベの処理についての相談窓口>
(一般社団法人)日本ガス石油機器工業会
カセットボンベお客様センター(電話番号0120-14-9996)<エアゾール缶の処理についての相談窓口>
(一般社団法人)日本エアゾール協会
エアゾール製品処理対策協議会事務局 03−5207−9850

 

 

タイトルとURLをコピーしました