回収ボックスはどこにある?拠点回収でどんなゴミが出せるのか!?

拠点回収・分別収集
この記事は約6分で読めます。

大阪市では、
乾電池・蛍光灯管・使用済小型家電など
資源の有効な活用を図るため
回収ボックスを用意して
リサイクルをすすめています。

回収ボックスでのゴミの回収方法を
拠点回収』といい、
区役所や市役所(本庁)、一部のスーパーマーケット等で
無料で受付回収をしています。

このページでは、
大阪市で受付可能は拠点回収の場所と品目を
詳しく説明します。

拠点回収の回収ボックスで受付できるもの

乾電池

乾電池は、
二酸化マンガン・亜鉛・鉄・炭素棒などで作られており
回収された乾電池は、鉄製品や亜鉛地金の原料に
リサイクルされています。

受付できる電池の種類

●アルカリ・マンガンの筒型乾電池

 

受付できない電池の種類

●ボタン電池 ●充電式電池

ボタン電池・充電式電池は回収不可です。
販売店や一部のスーパーなどに設置されている
「ボタン電池回収缶」「小型充電式電池リサイクルBOX」
を利用してください。

リチウムコイン電池(型式番号CRとBR)は
ボタン電池回収缶で回収できませんので
普通ゴミの日に出しましょう。

 

プリンターのインクカートリッジ

大阪市では、家庭で使用するインクジェットプリンターの
インクカートリッジを無料で回収しています。

インクカートリッジ専用の回収ボックスが
区役所・一部の区民センター・図書館などの公共施設
一部のスーパーマーケットに設置されていますので
そちらにし、回収を行っています投函してください。

回収済みのインクカートリッジは、
再生カートリッジとして再使用されたり
ボールペンなどの材料に再利用されています。

 

蛍光灯管・水銀体温計

蛍光灯管や水銀体温計に使用されている
ガラスや水銀はリサイクルされます。

蛍光灯管は、割れないように
紙箱や紙筒に入れたり、 新聞紙等で包んだりして
回収ボックスまで持っていきましょう。

 

受付できる種類

●水銀体温計
●蛍光灯管 (直管・環型)
●ボール型の蛍光灯

 

受付できないもの

●電球
●LED
●電子体温計 (使用済小型家電の回収ボックスへ)

電球・グロー球・LEDは回収ボックスではなく
普通ゴミで収集してもらえます。

割れないように厚紙などに包んで
「キケン」と目立つように書いておきましょう。

電子体温計は、拠点回収の
『使用済小型家電』の回収ボックスで回収可能です。

蛍光灯管の出し方については
別のページで詳しく説明しています。

>>蛍光灯の捨て方は?大阪市では普通ゴミ粗大ゴミでは収集できません!

 

使用済小型家電

携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電には
レアメタルなど有益な資源が含まれています。

そのため、大阪市では
使用済小型家電を無料で回収し
リサイクルをすすめています。

 

受付できる使用済小型家電

電池や電気で動く家電製品で
回収ボックスの投入口(15cm×30cm)に
入る大きさのものに限ります。

故障していても回収可能です。

●携帯電話
●ICレコーダー
●ヘッドホン及びイヤホン
●音響機器
●電気かみそり
●バリカンなど容用機器
●パソコン・タブレット端末
●各種メモリ(ハードディスク、USBメモリ、メモリーカード)
●懐中電灯
●電話機
●ファクシミリ
●電子書籍端末
●時計
●ラジオ
●電子辞書
●ゲーム機
●デジタルカメラ
●電卓
●携帯ゲーム機
●ビデオカメラ
●電子血圧計
●カーナビ
●ポータブルDVDプレーヤー
●電子体温計
カーオーディオ等車載機器
●ポータブル音楽プレーヤー
●ヘアドライヤー
●電化製品の付属品(リモコン、ACアダプタ、ケーブル、充電器など)

携帯電話やゲーム機など
個人情報が含まれているものは、
必ず全てのデータを削除してから
回収ボックスにいれましょう。

回収ボックスへ入れた使用済小型家電は
返却されませんのでご注意ください。

 

受付できないもの

●回収ボックスの投入口(15cm×30cm)に入らないもの
●会社や店舗など、家庭以外から出るもの

 

 

 

回収ボックスの設置場所

 

回収ボックスは各区の区役所や公共施設、
一部のスーパーマーケット等に設置されています。

施設や店舗が営業している時間帯は
いつでも受付回収が可能です。

回収ボックスを設置しているスーパーマーケットは、
使用済蛍光灯管回収協力店
使用済乾電池回収協力店」のステッカーが目印です。

 

 

回収ボックスの設置施設リスト

大阪市の粗大ゴミのホームページから
各区の拠点回収の店舗と品目の一覧表を
抜粋してみました。
(以下のリストは大阪市粗大ゴミ公式HPより引用)

北区

都島区

淀川区

東淀川区

旭区

城東区

鶴見区

福島区

此花区

西淀川区

天王寺区

東住吉区

中央区

浪速区

西区

港区

大正区

東成区

生野区

住之江区

住吉区

阿倍野区

西成区

平野区

 

環境事業センターでの受付回収

水銀血圧計・水銀温度計

 

蛍光灯

蛍光灯の出し方は
こちらのページで詳しく説明しています。

>>蛍光灯の捨て方は?大阪市では普通ゴミ粗大ゴミでは収集できません!

環境事業センターに電話して
訪問回収を依頼することもできます。

 

マタニティウェア・ベビー服・子ども服

マタニティウェア・ベビー服・子ども服は
環境事業センターで無料回収が可能です。

回収された品物は、
必要とする大阪市民の方に
展示・提供(無料)されています。

毎月第3土曜日の10時~12時、13時30分~16時で
1日1回の来場で1名につき2点まで
無料で提供してもらえます。

 

受付できるもの

●汚れていないもので、再使用できるもの
持ち込み前には洗濯しておきましょう。

 

受付できないもの

●汚れなどがあり、再利用できないもの
普通ゴミの日に出してください。

●ベビー服、子供の洋服以外
●ベビーカー・ベビーベッドなどのベビー用品
●おもちゃは回収できません。

絵本

ご家庭で読まなくなった
幼稚園から小学校入学程度までの児童向けの絵本は
環境事業センターで無料回収しています。

回収された絵本は、
小学校就学前の子育て世代など必要とされる
大阪市民の方に無料で提供されます。

絵本の受付回収場所は
各環境事業センターとなっています。

月曜から土曜の8時30分から17時のみの受付です。
年始1月1日から1月3日、日曜日はお休みで
祝日は受付しています。

受付できない絵本

  • 音や光の出る絵本
  • シール絵本
  • 仕掛け絵本
  • 漫画・図鑑
  • 破れや落書き等がある絵本
  • 個人情報等の記載がある絵本

環境事業センターの連絡先と住所

 

<<粗大ゴミに出せなくて困っている方へ>>

●引越しと粗大ゴミ収集の日程が合わない
●遺品整理する品物が大量にある
●とにかく急いでラクに片付けたい

このような理由から
粗大ゴミで収集が難しい方は
民間業者を利用されることをオススメします。

民間業者を上手く使えば、
時間短縮、料金節約、臨時収入ゲット!
というケースもあります。

粗大ゴミに出せないと諦める前に
一度、民間業者さんに
相談してみてくださいね。

 

困った時の民間業者さんは↓こちら↓

【不用品片付けセンターAチーム】

即日対応も可能!年中無休で受付け。
急な片付け、引越しの不用品処分、遺品整理など
幅広いリクエストに対応してくれます。

 

【出張買取専門の遺品の整理屋さん】

遺品整理と生前整理を専門にした
不用品買取り屋さんです。

一般の買取業者さんとは違い、
遺品整理に特化しているため知識が豊富で、
テキパキと早く作業をしてくれます。

荷物がなくなるだけでなく、買取金額を
しっかり受け取れるのはうれしいですね。

 

【オールサポート】

おかたづけや単品の不用品回収もしている業者さんです。

口コミサイトのエキテンでも評判が高く
月間1000件の実績があるのは安心ですね。

予算に合わせたプランを提案してもらえるので
交渉次第ではかなりお得にゴミの処分ができますよ。

拠点回収・分別収集
ゴミの出し方ABCをフォローする
ゴミの出し方ABC【大阪市版】
タイトルとURLをコピーしました